マンション1棟買いで収益を得よう~空き室リスクが気にならない~

募集を頼もう

電卓

空き室がある時はサブリースを活用するのも一つの方法です。サブリースを活用することで、不動産会社が入居者を集めてくれます。入居者が集まらないときも不動産会社から賃貸料が支払われます。

View Detail

管理を代行してもらう

マンション

賃貸経営では管理業務が必要になっています。管理を代行する賃貸管理会社もあるため一度依頼してみるのも一つの方法です。入居者の問い合わせに対応してくれる賃貸管理会社もあります。

View Detail

参加してみよう

不動産

不動産投資セミナーでは金利上昇といったリスクから、ローンの組み立て方などを教えてくれるセミナーもあります。個別で投資の説明を聞けるセミナーもあるため参加してみるといいでしょう。

View Detail

マンション1棟買いの特徴

集合住宅

マンション経営を行う際に気になるのがマンション1棟買いか区分買いかといった買い方です。マンション1棟を買うとなるとかなりの初期費用が必要となるため、ローンを組む人も少なくありません。このため、返済が滞るなどのリスクが起こるのを回避するために区分買いにする人も少なくありません。ただ、家賃収益を多く得るなら、1棟買いを行うことが大切です。部屋数が増える分、入居者も増え、そこから得られる家賃収入は多くなります。もちろん、ローンの返済にほとんど家賃収入が引かれることもあるほか、管理費用などが多額にかかることもあるため、それでも月々の収益を多数受け取ることができるというわけではありませんが区分買いよりも儲けやすいという特徴はあるのです。マンションを1棟買いすることで空き室が発生した時も収益にそこまで変化が起こることはありません。もちろん、空き室が多くなればその分、収益は減ってしまいますが、少しの空き室なら収益に大きな差があることはないといえます。また、1棟買いをすることは入居者を集めやすくなるかもしれません。というのも、1棟買いは物件そのものの所有権を持つことになります。このため、自由に建て替えなどを行うことができるため、より入居者が来やすいよう物件の特徴を変えることもできるのです。マンション1棟買いを行うにしても、収益と管理費用など細かく計算しておくことが大切です。区分マンションを買うのが決して悪いことではありません。そのため、どのような買い方をするといいのかよく把握しておくことが大切です。

Copyright© 2016 マンション1棟買いで収益を得よう~空き室リスクが気にならない~ All Rights Reserved.